FC2ブログ

SHUN's photo blog

被写体の心を写真で掴んでみたい

EOS 80D

8年使った50Dの引退を一年前から考えてきて、EOS 80Dの購入とともに役目を終えます。
2008年の秋に誕生した50D。遡ること一年前の2007年、デジタル一眼レフ市場で大きく流れが変わる出来事が起きました。ニコンからD300という名機が生まれました。D300は今でもニコンユーザーの間で語り継がれる素晴らしいカメラでした。この年からキャノンとニコンのしのぎを削る競争は一層熾烈になりました。同時期発売された対抗機のキャノンEOS 40Dは、ほぼすべての点でスペック的にも性能的にもD300に完敗する屈辱的な年でした。キャノンはそれまでデジタル一眼レフ市場でラインナップでも性能でもライバルメーカーよりも数年先を走っていて、圧倒的な差で君臨していました。2007年は初めてキャノンがそこから陥落した年だったと思います。
そのわずか一年後、後れをとったキャノンはD300に対して新機種のEOS 50Dをぶつけてきます。このせいでEOS 40Dはたった1年という短命の製品サイクルで終わってしまい、キャノンユーザーの間でさえ批判も多かったのを覚えています。そんなわけで急ピッチに開発されて誕生したのがEOS 50Dでした。それから8年以上経ち、カメラの進化も時代の変化も進んで写真撮影を取り巻く環境も大きく変わりました。
僕の50Dは使用年数も結構使った方だと思いますが、それより稼働回数で誰にも負けないくらい使ったという自負がありますね。本当によく一度の故障もなく今まで動いてくれたな、と思います。タフなカメラでした。極寒の御在所岳や8月の灼熱の日にボディーが熱くなるくらいの過酷な環境を何度も繰り返してきました。新しいカメラを買って50Dを引退させるにあたって、愛機とこれから撮影を共にしなくなるということは本当に寂しいことなんですよね・・。感謝しかありません。


EOS80D (1)

新たに仲間に加わるEOS 80D。カメラの購入はこれで4台目になりました。
自分にとって有難かったのは、EOS 6D とほぼ同じボディだったことです。ボタンの配置から形状までそっくり。そしてバッテリーも同じなので予備バッテリーを共有できます。手にしてすぐに馴染んでました。
少しだけ試し撮りをして感じたことで一番大きかったのは強力に強化されたAFでした。45点の全点クロス。ファインダーを覗くと、びっしり埋め尽くされたAFポイントに感動しました。これは特にマクロレンズを使った撮影で大きな恩恵を受けそうです。あと、動体撮影の際の被写体のAF追従性能ですね。これは一世代前の7Dゆずりの性能です。8年前のカメラと比べるのは酷ですが、ここは50Dとは別物でした。どんなに速く動く被写体にもピッタリと追いかけていきます。撮り鉄や飛行機、モータースポーツの分野で発揮しそうです。今までどんな動体撮影も頑固に中央一点での勝負にこだわってきた僕も、今後はもう少しカメラに頼った撮影をしてみたいです。
そして、現在APS-C機でフラグシップ機のEOS 7D Mark IIを上回って下剋上をしたのがエクステンダーを使用した際に使えるAFポイントです。EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMにEXTENDER EF1.4X IIIを装着して80Dで撮った際にF8まで対応できるAFポイントが45点中27点だということ。EOS 7D Mark IIが中央一点のみでしか使えなかったことを考えると大きなアドバンテージです。27点使えれば全く問題ないです。特にAPS-C機は超望遠レンズを使う機会が多いので、ここで大きな力を得ました。35ミリ換算で840mmぐらいまでいけます。連写の秒間7コマは体感的には予想以上に速かったです。野鳥撮影をやってみたくてウズウズしてます。。



EOS80D (2)

バリアングルが使える80D。右が6D。こう見ても、本当にバリアングル以外は両機の区別が殆どつかないです。
このバリアングルが僕は喉から手が出るほど欲しかった機能です。これを長年どれほど待ったことか・・。
キャノンはバリアングルに対して他社よりも軽視している傾向があるんですよね。
とにかくこれからは今まで不可能だった地面すれすれのローアングルや、カメラを構える際に変な体勢で体を痛めるようなアングルも楽々できます!特にローアングルは、撮る写真がかなり変わってくるような気がします。可能性は未知数です。



EOS80D (3)

バリアングルを収めた状態の液晶画面。
現在、80Dはキャッシュバック期間中で、価格は実質10万円をきってきました。今後また10年ぐらい使えるカメラだということを考えると、良い買い物でした。



テーマ:カメラ機材 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/09(木) 12:14:55|
  2. グッズ
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

iPhone & iPad mini Retina 

IMG_0230.jpg

iPhone5SとiPad mini Retina

今年もアップルの新製品の発表の時期が来ましたが、新型iPhoneが大型化するというリーク情報が気になります。
iPhoneは他のスマホに比べて画面が小さいですが、これはアップルが片手で操作できる大きさに拘った結果なんですが、画面が小さいと目に悪いのでやっぱりもう少し大きいのが良いのかな、と思うこの頃。。







テーマ:日記的写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/09/04(木) 17:52:40|
  2. グッズ
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

パンケーキレンズ   EF40mm F2.8 STM

「レンズ沼」という言葉がありますが、ネットで先輩たちのローン地獄や夫婦仲が険悪になるほど機材に夢中になってるのをたくさん見させて頂いたお陰で、僕はレンズ選びは慎重過ぎるほどよく考えてやる方で、衝動買いは絶対に無く、長期的なスパンで自分の撮影シーンをシミュレーションしながら何年もかけて揃えてきました。初心者の頃から現在までに購入したレンズの中で売りに出したレンズは一本のみで、ほとんど全て現役で使い続けています。
あの時の沼にハマった先人たちの悲鳴のような叫びは、その後の自分に大きな戒めとなりました。(笑)


EF40mm F2.8 STM (1)

単焦点レンズのラインナップを強化しているんですが、その中で外せないと思ってたのがキヤノンユーザー悲願のパンケーキレンズだったEF40mm F2.8 STM。ステッピングモーターを採用することでEFレンズシリーズ最薄・最軽量を実現しました。左のレンズがEF85mm F1.8 USM。
価格は17,500円でしたが、キャノンのキャッシュバック5,000円が適応できたので、12,500円也。
焦点距離は平凡ですがこのレンズはマクロレンズとしての機能を持ち、最短撮影距離は0.3m。開放こそf2.8ですが、寄れる分、大きなボケが期待できます。今まで50mmで焦点距離はバッチリでも寄れないために泣く泣く構図を諦めたシーンが数えきれないほどあったので、この場合に40mmに切り替えて更に粘れることに期待しています。
これだけ小さく薄いレンズですが、中身は4群6枚で、極限まで薄いレンズを使って普通の単焦点と変わらない構造になっています。


EF40mm F2.8 STM (2)






EF40mm F2.8 STM (3)

こいつは即戦力。なおかつ荷物にならないので、機動力が必要な日は他の単焦点を外して、こいつ一本で任せきれると思う。




テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2014/01/22(水) 21:43:25|
  2. グッズ
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

フリクションボール

ヨーロッパでバカ売れしている「フリクションボール」というペンがどんなモノなのか興味があって買ってみました。このペン、なんと後ろについているゴムで擦ると消えてしまいます。日本メーカーのパイロット社が製造してますが、最初は日本では売れなかったけど、ヨーロッパで注目を集めてから国内でも需要が出てきたようです。
僕は最近は、メモ類は全てスマホの各アプリで管理して、紙媒体のメモやスケジュール手帳などを持ち歩かないようにしているのでペンを使う機会が減ってしまったんだけど、消せるペンは身近にあるボールペンと置き換えられそうです。


フリクションボール (1)

パイロット社の回し者じゃありませんので。。


フリクションボール (2)





フリクションボール (3)

下は愛用の Panasonic Let'snote  
2007年製ですが、メモリを上限いっぱいまで増設してWindows8にアップグレードしました。快適です。
タブレット全盛の現在でも、まだまだ使ってあげたいです。



       「撮影よもやま話へ・・」

テーマ:いろんな写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/12/25(火) 18:32:22|
  2. グッズ
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

カメラバック

僕も色々と機材が増えてきたんですけど、今までは簡単なリュックに詰め込んで、現地ではウェストポーチに入れ替えてなるべく身軽な状態で撮影に臨んでましたけど、レンズが増えるとなかなかコンパクトに持ち運ぶことが難しくなってきました。欲張って手持ちのレンズを全て持ち運ぶからなんですけど・・。(^^;
そこで、色々ネットで調べていたんですけど、なかなか見つからなかったんです。あのカメラマン独特の四角くて大きいショルダーバックは肩がコリそうだし、カッコ良くない。。第一にファインダーを覗いてしゃがんだり中腰になったりするのに邪魔になりそうだから・・。荷物を下において撮影に専念すればいいんですけど、あちこち動き回る僕には機動性が悪くなるし・・。
贅沢なんですけど、探せば良いのが見つかるかもしれないと思ってアウトドア用品から選び出しました。とにかく両手をフリーにしないと心理的に苦しくなるんです。

P1010003_640.jpg


三脚を一つ。中にレンズを3本と、両脇に予備のバッテリーとCFカード、リモコン、それから4枚入りフィルターケースを入れました。これで現在の僕の機材全てを収納してます。
その他に、財布や携帯、車のキー、ハンカチや目薬を入れてちょっときつくなってきました。ウェストポーチとしてはさすがにこのぐらいが限界ですね。
更に、上にフックを取り付けられるところがあって、やろうと思えば手持ちのしっかりしたレンズケースを横向きに二つ増設することができました。
レンズの付け替えにも手際よく対応できそうです。ただ、裸でレンズを入れるのは良くないのでコンパクトなレンズケースを用意しないと。100均でもいいや。
カメラを持たない普段はショルダーバックとして使っても悪くないと思いました。
あまりこういうグッツに凝るタイプではないんですけど、こんなことでも、なんか撮影が楽しくなってきますね。嬉しいです。。。(^^)

こんなバックです。↓

http://www.rakuten.co.jp/nuts/427141/435277/

http://item.rakuten.co.jp/mjsoft/058707/

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2007/07/18(水) 21:09:14|
  2. グッズ
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。
  5. | コメント:0

イタリア輸入雑貨店「アンジェロ」

愛知県一宮市にある雑貨店の「アンジェロ」に遊びに行ってきました。ここの社長とプライベートでも知り合いで、ここのお店にはよく行くんです。とても素晴らしいお店で店内はヒーリングミュージックのBGMで癒されます。せっかくなので店内を撮らせて頂きました。

IMG_1460_800.jpg

綺麗ですね?。イタリア語で「アンジェロ」という言葉は「エンジェル」という意味です。その名の通り、店内には天使のグッズで溢れています。

IMG_1462_800.jpg

IMG_1470_800.jpg

この社長は照明の使い方が凄く上手いので写真撮影としては楽しいところでした。特に僕はライトアップが綺麗なものが好きなので。。。
この照明器具はそのまま商品です。

IMG_1474_800.jpg

この写真に写っているスタンドライトを買いました。三段階に明るくできる照明なので、寝るときはうっすらと点灯して寝られるし、読書なんかしたりする時は暖かくて柔らかい照明を楽しめるかな、と思って。

IMG_1478_800.jpg

優雅ですね?。ちょっと僕の部屋に飾るのは場違いですけど、こういう物が似合うような部屋を作ってマッタリとしてみたいもんです。

IMG_1479_800.jpg

鳥の羽にステンドガラス風の照明器具。お洒落じゃないですかぁ。鏡に映ったのが素敵だったのでショット!
いっぱい撮って掲載しきれなかったんですけど、アルバムに保管しました。

IMG_1484_800.jpg

お店のオーナーの平松社長です。人柄がそのままお店に反映されてるような優しくて人望のある人です。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
↑気に入ってくれましたら、ここを押して頂けたら嬉しいです。
  1. 2007/03/25(日) 20:25:21|
  2. グッズ
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。
  5. | コメント:6

プロフィール

SHUN

Author:SHUN
※当ブログの写真を使用してくださる際は、元画像の送信を致します。
無断使用やめてね。^^


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ



人気ブログランキングへ

過去記事倉庫

 
SHUN's photo blog Ⅱ

最近の記事

ミニブログ始めました!

気になる機材!ガジェット。

E-MAil送信フォーム

E-MAILはこちら

Instagram随時更新

リンク